MIRACLE

メールサービス申込 ユーザー登録&ログイン パートナー情報
お問い合わせ FAQ サイトマップ
MIRACLE LINUXの特長 製品紹介 サービス案内 購入 サポート 技術フォーラム

クラスタ・セキュリティ製品

製品紹介


概要 機能 製品構成
MIRACLE CLUSTERPRO X
動作環境 評価版ダウンロード 見積・お問い合わせ 価格表


CLUSTERPRO FAQ

共有DISKは必須ですか?

データ更新が無く静的データだけ取り扱う場合、全サーバのローカルディスクに静的データを配置すればよいので、必ずしも必要ではありません。 また、CLUSTERPRO LEではローカルディスクを相手サーバとミラーリングすることで共有ディスクと同等の機能を提供しています。

ページトップへ

Windows版のCLUSTERPROとの混在環境は可能ですか?

同一ネットワーク上にWindows版CLUSTERPROが動作していても問題はないですが、統合管理はできません。

ページトップへ

何ノードまでのクラスタが構築可能でしょうか?

SEでは16ノード、LEでは2ノード構築可能です。
CLUSTERPRO Xでは32ノード、X + Replicatorでは3ノード構築可能です。

ページトップへ

1台のサーバで複数の業務を行うことは可能ですか?

1クラスタシステム当り、SEで64個、LEで32個、CLUSTERPRO Xで64個までの業務 (グループ)を登録可能です。

ページトップへ

CLUSTERPROの運用はどうやって行うのですか?

Webマネージャ、またはサーバ上のコマンドを利用して運用管理を行います。 WebマネージャはLinux上でも動作可能なため、特に管理PCが無い場合でも運用可能です。 ただし、Webマネージャの動作にはJAVA plug-in の組み込まれたブラウザが必要となります。

ページトップへ

CLUSTERPROの設定はどうやって行うのですか?

トレッキングツール/Builderを利用して構成情報を作成し、それをサーバに反映させる、という手順で行います。トレッキングツール/Builder はLinux上でも動 作可能なため、特に管理PCが無い場合でも構成情報は作成可能ですが、JAVA plug-in の組み込まれたブラウザが必要です。

ページトップへ

フェイルオーバにはどの位の時間がかかりますか?

CLUSTERPRO上で動作しているアプリケーションと各種設定値に依存します。サーバダウンによるフェイルオーバ発生で、規定値の場合、2分程度です。

ページトップへ

サーバ間の通信手段は何ですか?

以下のサーバ間通信が可能です。ただし、Ethernet以外はサーバの死活監視のみが可能であり、 Ethernet全断線時にはコマンドで業務を移動させたりはできません。(サーバダウンによるフェイルオーバは可能)
・Ethernet
・RS-232C (2node限定)
・SCSI or FibreChannel (共有DISK経由)

ページトップへ

TCPのセッションが張られている状態でフェイルオーバが発生するとそのセッションはどうなりますか?

切断されます。再度接続要求を発行した際にフェイルオーバが完了していれば、フェイルオーバ先のサーバとのセッションが確立されます。

ページトップへ



システム導入支援サービス MIRACLE CLUSTER サポート


サーバOS
クライアントOS
オラクル製品
NetVault製品
クラスタ製品
MIRACLE FailSafe
MIRACLE CLUSTERPRO
ZABBIX
MIRACLE PLUS
事例紹介
MIRACLE VISUAL STATION
カタログダウンロード
インストレーションガイド

会社情報 採用情報 個人情報保護方針 情報セキュリティ基本方針 商標等取り扱い事項 English
Copyright(c)2000-2015 MIRACLE LINUX CORPORATION. All Rights Reserved.